米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
俺にとっての休日のStarbucks
近くのStarbucks(”スタバ”、と言うのか)にいる。土日の朝の多くをここで過ごす。あまり一軒の店に続けて通うのも、ちょっと気になるので、数軒をローテーションしている。
(少しだけ身体に気を使ったフリをしてw、最近は)グランデ・ソイ・ラテを飲み、そしてドーナツをかじる。。。、朝食である。店内に流れる曲は基本的に俺のお気に入りの”アメリカン”ミュージック、今は丁度、懐かしいSteely DanのAjaがかかっている。
そして持ち込んだWiFi付きのラップトップで、HotSpot(T-Mobile社のネットワーク)経由でネットアクセスする。(仕事を含めた)メールの確認、そして最近ではこのBlogの書きこみ。。、とまあ自分の部屋をもう一つ外に持っているような感じだ。

でも、さすが俺の住む町Tempeはアリゾナ州立大の学生街とあって、回りには日曜の朝から勉強してる学生が数人いる、頭が下がる(日本の学生さんは大丈夫かい?)。

チョッと思いついたので追記、
Starbucksではレジ付近に(Starbucksオリジナルなんだろうね)Artist's Choice(特定の歌手に好みの曲をピックしてもらい、それらを一枚のCDにまとめたもの)なるCDが並ぶんですよ。
今もJoni Mitchelのものが並んでいて、ついつい買いそうになってしまう(危)
スポンサーサイト
キャロル・キングのYou've Got a Friend
名曲が詰まりに詰まったTapestryの中でも名曲中の名曲ですよね。そして、俺なんかにも分かりやすく、かつ心に突き刺さる詩の内容で、絶品。

で、本当に聴いていて飛ばしたい曲のないTapestryなんだけれど、あえて言うと俺はWill You Love Me Tomrrow?と言う曲がその詩の内容を含め、大のお気に入り。
実は、この曲、俺の大好きなリンダ・ロンシュタッドも歌っています。随分趣の違う録音になっていますが、これも良いです。
生イチロー、目の前で初めて見る
先日、今年は大リーグのCactus Leagueを観るつもりだと書いたが、今日は天気もよく(今年は、”らしくない”雨が多かったりしていたのだが、)Cactus League開始直前の、シアトル・マリナーズ、サンディエゴ・パドレスのキャンプ地Peoria Sports Complexに行ってきた。”広い”意味で言えば「フェニックス」にある。自分のアパートからは40マイルほど、4-50分のドライブであった。
1時間半ほどのパドレスの練習が終わろうとしたとき、練習開始に備えマリナーズの選手がパラパラと入場してきた。その先頭にイチローがいた。すっと通り過ぎようとした時にスタンドから拍手が沸く、さすがにスターだね。
たまたま今日はFan Fest 2005とのことで比較的多くの人が来ていたが、それでも余裕で一塁側、バッティング・ケージ間近の最前列に席を確保していたので、大リーガーたちのフリー・バッティングを、お決まりのホット・ドッグをかぶりつきながら、初夏を思わせるアリゾナの太陽の下ずっと眺めていた。(なかなか、良いもんだね。もちろん入場は無料)
マリナーズのフリー・バッティング開始直後から、ライトに位置し飛んでくる打球を追いかける側に回っていたイチローだが、しばらくして、ベンチに戻り自らのバットを持ち出す。そしてケージの近くまで来ると、ストレッチ運動、そして軽い素振り。目の前で見た生イチローは何か風格があったね。このあと、ケージに入ったイチローの”天才”バッティングを一しきり見せてもらったわけだ。
さすが、ただの練習日であり、グランド内のカメラマン以外は日本人はほぼ見かけないようなスタンドだっただけに、練習終了後の退場の際にやはり目の前を通ったので席を立って拍手をおくったら、「(こんな日にも)日本人いやがる」っちゅうな顔してたね。
Utadaの米国市場挑戦
宇多田ヒカルは嫌いではない(と言うか、アルバムFirst Loveは絶品だと思っている。しばらくして振り返るとこのアルバムは「キャロル・キングのTapestry」的存在になってしまうかも知れない)。
そう言えば昨年は米国市場(再)挑戦盤を出したようだが、Top40ステーション追っかけのこの俺もトンと彼女の曲を聴くことはなかった(、と思う)。そう言ったわけで近所のレコード屋で中古のこのExodusを買って聴いてみたのだけれど。。。。
細かな音楽的なことは良くわからんが、俺にとっては、「元気が足りない」。この市場、結構競合が厳しいと思うけれど、今流行ってるAvril Lavigne、Ashlee Simpson、JoJo、Kelly Clarkson、Gwen Stephany...... 皆んな「元気」あるよね、はっきり言って好きです。
英語の勉強
仕事柄、英語は必須のビジネスツールである。で、それなりに使っていると思う。しかし、キチンと英会話を習ったたことがない(やはり、そう言うのってダメだね。限界がある)。
何せ、英語の単位とれなくて留年したくらいだから、ベースの問題もある。そんな中で役に立っているのは、学生の時に聴いてたAmerican Top40。ラジ関で湯川れい子さんがやってたのも良かったけれど、米軍のFENでやってたやつは最高の”教材”だったように思う。インターネットもなく、(東京の、とある、ところに行かねば)ビルボード誌は入手することもできない環境で、良く分からないなりにTop40の曲名をノートに書き取っていたときのパワーの残りで今生きてるような感じだ。
それと意外と大事なのは、(少なくとも俺の時代の)受験英語だね。関係代名詞(副詞)とか、同格のthatとかもう最高だね、適当に「英語らしく」「長ったらしく」するには結構大事な気がする。
(特に仕事で使うのだから)俺たちにとって英会話はある意味戦いみたいなところがあるから、どうしても戦ってる最中に自分の”間”みたいなものが欲しくなる。そういう時これら関係代名詞(副詞)、同格のthat等を使って一気に長い文を言えるのは大きい(その間敵の攻撃は防げるし、次のことも何となく考えられる)。
と言う訳で、「受験英語=役に立たない英語」的な意見には大反対。元々たいていの人はネイティブにはなれないんだから、しっかり文法学んで、ボキャブラリー増やして、あとは。。。(今は何を聴けば良いんだ?まあ一杯あるだろう)
でも、最近亡くなられた百万人の英語のハリス先生(この方日本人だったんだね)、(もう俺も彼がマラソンDJやったときの歳に限りなく近づいたが)糸居五郎さん。。。。、と当時のラジオには”英語の勉強”のためにも大変にお世話になったと思う。そして、やはり、Top40のCasey Kasemは大先生。なんとなく今でも、あのイメージ浮かべて”英語”していることは多い。

で、当時の秋葉系は多くの場合、ラジオ(を聴く)少年でもあったわけです。

ところで、ラジ関で湯川さんとTop40に出てた、チャっピーという女性とか、サカイ~~さんとかはどうしているんだろう。

「ライブドア vs フジテレビ」の中で懐かしい名前が。。
(あまり米国生活とは関係ないけれど)最近の報道の中で、ニッポン放送側の偉い人の名前も。。。亀淵さん、って今社長なんだ。カメ&アンコーの頃のオールナイト・ニッポンが懐かし。
ネットワークダウン、でサンドイッチ屋に
先日は出社早々ネットワークダウンでインターネットに接続できない。どうしてもネット接続したかったので、車を走らせる。向かったのは1~2マイルのところにあるサンドイッチ屋、Schlotzsky'sである。Hotspot経由でネットアクセス。コーヒー一杯(<$1)で数十分をすごし必要な情報を得て帰社。
Starbucks、本屋、ホテル、空港、サンドイッチ屋とHotspotはどんどん増え、これで飛行機の中でのネット接続が本格化すると、怠惰なサラリーマンの”隠れ家”はなくなるね。
で、ルフトハンザとかANAとかで機内WLANって始まってるよね。そこから例のSkype(IP電話ソフト)使って電話できるのか?でも、そんな香具師が増えたら、飛行機ん中うるさくてたまらないね。
今回のレンタ・カーは、”新車”
今度もxxxxxxxの空港でレンタ・カーをした。「新し目のポンティアックだな」と思いつつ乗り込み、エンジンを掛けると、何と走行距離僅か4.8マイルの表示。完全な新車である。
よくレンタ・カーを使う俺としては、過去にも何度か”新車”に出くわせたことがあるが、チョッとだけ得をしたような気がする。
俺の運転免許証の有効期限は2021年の誕生日
ご存知の通り米国の50州はそれぞれ個別の国のようなところがあって、法律とかもそれぞれ違っていることがある。例えば運転免許証の有効期限。俺も大体どこでも5年前後(+優良ドライバー特典)くらいと思っていた。長く住んでいたカリフォルニアでもそうだった。
で、カリフォルニアからここアリゾナに移った時、”役所”に書き換えにいった。そしたら、ものの10分かそこらで、2年分ほど期限の残っていた俺のカリフォルニアの免許証は、何もすることなく、2021年の誕生日まで有効なアリゾナの免許に換わって出てきた。要するにアリゾナではどうやら6x歳の誕生日までの免許をくれるみたいだ。(でもこの先、顔写真がね~)
ちなみに、これを行うには2種類の身分証明が必要。他の州での運転免許証:○、パスポート:△(有効期限で免許証側も制限される)、あと何を使うか? 考えてください。(俺はそんなこととも知らず、偶然その日その一つを持っていた。ラッキー!)
iPod Shuffleとカーステレオ
iPod Shuffleをしばらく使っていると、「車の中へシームレスなShuffle環境の継続」が欲しくなってきた。Shuffleを差し込むとそのままShuffleし始めるようなUSB口付きのカーステレオが出れば、愛車無印アコード号にも取り付けたいと思うのだが。
風邪で寝込む
実は週末は風邪でぶっ倒れた。髪に白いものが増えたせいで風邪をひきやすくなったようにも思う。頻繁に移動しているxxxxxxx<->フェニックス間の温度差がこの時期非常に大きくなるのも、”年寄り”にはきついのかも知れない。(1月などはxxxxxxxでは-20℃、フェニックス25℃と言うようなこともあったりで、それなりに大変だ)
一人生活で寝込むと、とにかく食い物が大変だ。普段外食中心で、”買い置き”の殆どない俺の場合などは最悪だ。食いに出る元気も無く、(幸い)向かいにあるスーパーでやっとの思いでバナナと牛乳を買い込み、これと一緒に買った風邪薬で2日間を過ごした。

てなわけで、プロボウル(もっとも俺のアパートではESPNは契約していないのだけれど)もグラミーも観ることもなく、さびしく終わった週末だった。どうでも良いが、Maroon5とGreenDayは好きなグループだから、とりあえず、グラミー、おめでとう。

でも、因果なサラリーマンの性分だ、月曜になるととりあえず、”復帰”の体制になる。
そしてこんな時にだけカミさんのありがたみを痛感した、情けない”日本”のサラリーマンである。

Cactus League、今年は観るぞ
ここフェニックスは大リーグのキャンプ地のメッカ。これまで、近くで(Cactus Leagueと呼ばれる)オープン戦が行われていたにもかかわらず、一度も観たことがなかった。
そこで、今年は是非にということで、下記シアトル・マリナーズ2試合のチケットを手に入れた。
あとは、突発の出張等がないことを祈るだけ。。。

3/19(Sat) 1:00pm vs Diamondbacks
3/27(Sun) 1:00pm vs White Sox
@Peoria
iPod Shuffle と FM Station、そして俺にとってのポピュラー・ミュージック
 先日、「iPod Shuffle = 好みのFM Stationの作成」的なことを書いたが、その続き。

 俺が自分の車(無印AccordだがラジオとCDプレーヤーだけは付いている)の中とか米国内を旅するときにレンタカー内で聴くFM局は一般に言うTop40 stationばかり。もちろん、やはり先日書いたとおり、Linda Ronstadtをはじめとする70年代前後の曲は懐かしく快い。で、特にFMステーションの多いこちらでは、ついつい快さそうな昔の曲のかかる”懐メロ”ステーションを選局したくなる。しかしそこは(おかしなものだが)”踏ん張って”どこに行っても”Top40”ステーションを聴いている。e.g. 102.7KIIS FM(LA)、KISS 103.5(Chicago), 104.7 KISS FM(Phoenix) etc.
 ところが、Top40局の視聴者層は人数のわりに購買力が低いせいか、購買力の高い層をねらった”懐メロ”の局が増えている感じ。特に先日仕事をしたBayArea(サンフランシスコ、サンノゼ地区)には今Top40局は無いのでは。。。(ということでhttp://www.radio-locator.com/で改めて調べてみたが、FremontにあるKOHL 89.3はTop40らしい) ただ、Top40局といっても今はHipHop全盛(昨年のBillboardTop100では半数を超えたような)だから、年寄りにはさらに体力(耐力)が必要。
 じゃ、何で「踏ん張って」まで頑張るのか?。大げさに言うと、自分が生きているその時々の思いを何時でも条件反射で思い起こせるようにしたいから。それには、その時流行っている曲を記憶の中のタイムスタンプに使うのが、ベストであるから。”懐メロ”年中聴いてたら、どの思いが、どの曲の頃だったか、何がなんだか分からなくなるし。。大体「昔は良かった」的になるばかりだと思う。
 ふと、どこかから流れてくる音楽で、何も考えることなく、その時の気持ち(「理由は何だったか忘れたが、何だか落ち込んでたな」「同様に、随分Highだったな」とか)が、理屈ぬきで沸いて来るのは、ある意味快適。ポピュラー・ミュージックを聴くと言うのは、そんな使命があると思う。よって、「決して若い人のものだけでは無い」、という訳で、今日も「叔父さん」は、104.7 KISS FM(Phoenix)に固定された愛車無印Accord号のラジオを聴くのであります。
 その意味からすると、iPodは自分で”好み”をコントロールできるFM曲だけに、危険なデバイスだ。

 ちなみに、今気にいっているのがRockにHipHopをかぶせたような曲。やはり先日の書き込みで”Rockに乗っけたHipHop”と言ったのはそれのこと。ちょっと前のAerosmithのDream OnにEminenが”乗っけて”歌っていた”Sing for the moment"は良かったし、最近ではJay-ZがLinkin Parkに乗っけて唄っているNumb/Encoreがお気に入り。
単身生活、自炊記
アメリカ単身生活も4年弱になる。この間、背に腹は代えられず、”料理”っぽいことも始めたのだけれど、未だに包丁をつかったことがない。(と言うか、今では「もう絶対に包丁は使わずに生きるぞ」てな、意地になっているw)
よって、野菜に関しては基本的に”既に切って”あるもの、”手でちぎれる”ものを買って来て対応している。肉類は薄めのものを凍らせておいて”折る”と旨く切れることもわかった。あとは滅茶苦茶安い乳製品、果物類が救い。
「聖荷西」の読み(意味)
ところで聖荷西、と言う漢字の読み(意味)だが、これは中国語でSan Jose(サン・ノゼ)のことらしい。ネットの世界では”イメージ”だけあれば良いのだから、あえて読める必要もないとも思うけれど。。。
以前、サン・ノゼにいたとき、たまたま隣に停車した(多分中国系経営の)パン屋の車に書かれていたのを、台湾系米国人の同僚に確認したら、そう言う読み(意味)であることが分かった。
ちなみに今住んでいるフェニックスは、鳳凰城と書くらしい(本当かな?)。
メルセデスE500 vs 無印本田アコード
今日は久しぶりに、San Franciscoで仕事(正確には、空港の南にあるSan Mateoという町)。
仕事も終わり、夕飯でも喰おうかと、現地の米国人の部下とチャイニーズ・レストランへ。。。というわけで、奴が乗ってきた車は何とメルセデスのE500。「おい、チョッと待てよ、いつ買ったんだ?」、「チョッと前に1年落ちの中古を買った」、「いくらした?」、「xOk$」、「ええ~、良くそんな金あったな」。。。てな感じ。
それに比べ、(上司である)俺の”愛車”は、2001年型の無印Accord。無印とは、LXでもEXでもなく、手動ロック、手動窓ガラス。。。のやつ、いまどき日本のディーラじゃこんなもの売ってないよね<悲

ところでレストランは、もうチャイニーズ・ニューイヤー(旧正月)と言うことで、すごく賑わってた。
RE:SuperBowlのコマーシャルを見ましょう。
情報ありがとうございます。

確かに、Budlightのものはアメリカ人には受ける内容だったみたいですね、皆大笑いしていましたから。でも日本人の感覚では、冗談がきつ過ぎるという面があるのでは?(これは、今回のものに限らないように思いますが)
あと、CareerBuilder.comのものも確かに、目に、耳に残る内容でしたが、あの猿たちに代わってもし日本人、中国人等のアジア人が演じさせられていたら、と思うと一寸。。。(人種差別的で、できないと思うが、そんな意図もあったりして。。。、考えすぎか?)
iPod Shuffle と グリコ・ポッキー
iPod Shuffleは面白い(Stephen Jobsが発表した数日後、シカゴ地区のAppleStoreに片っ端から電話して在庫を確認して買ってきた)。その本質は、何なんだろう、と考えたとき、「自分の好みのFM局」を作ることなんじゃないかと、思った。「次何が出てくるかは分からないけれど、全体としては好みの曲で埋まっている。」いま俺のShuffleは[Top40-(HipHop-Rockに乗っけたHipHop)+Utada+椎名林檎]局的。前述の米国人友人の中学生の息子に、Shuffleごと渡して聴かせたら、バカ受け。

ちなみに、手ぶらでパーティーに赴くのも気が引けたので、子供たちのお土産に、(近くの”ヤオハン”で買った)”グリコのジャイアント・ポッキー”を持っていったら、これまたバカ受け。当たり前だよね。あの貧相なアメリカの菓子と比べたら。。。 正直な子供たちは、本能で分かるよね。
[iPod Shuffle と グリコ・ポッキー]の続きを読む
Super Bowl XXX IX TV観戦
先日のSuperBowl、米国人の友人宅で、一寸したテレビ観戦パーティー。でも、妙にAmerican、で、Politicalだったね。試合前のイベントでノルマンディーの”ヒーロー”とかが出てきたときには、わざわざ(あまりアメラグに興味の無さそうな)中学生の子供もテレビ前に座らせ、「歴史そして愛国心の勉強」をさせてた。何となく、真正面から日の丸を見ることのでき難い、我が国がさみしい。Half Time ShowのPaulは(特に俺の世代には)良かったね。「Paulは”おっぱい”見せないのかな?」と言う友人のジョウク。。。もちろん去年のジャネットの”事件”を踏まえたもの。

あと、コマーシャルは新作ぞろいで、皆結構おもしろかった(本田のトラックのやつも良かった)。

結果は大方の予想どおりPats、まあ俺としてはEaglesに勝たせたかったけど、どちらでも良いや。これで、野球もFootBallもBostonの勝ちで、周りに異様に喜んでる奴もいる。
Linda Ronstadt
昔の(アマチュア)無線仲間のメールの”集い”で、チョッとした弾みで、学生時代に流行った歌手LindaRonstadtの話題でチョッと盛り上がる(盛り上がったのは、俺だけかも)。改めて聴いてみると、やっぱり良いね。当時、(今はシュアちゃんがやってる)カリフォルニア州知事と”良い仲”とかで、ファースト・レディーになるかもと、言われた女性。もうかれこれ30年ほど経ってしまうが、Don't Cry Now, Heart Like a Wheel, Hasten Down the Wind, Simple Dreams あたりのアルバムは超一級品。ただ、あれほど小悪魔的にキュートだったあの頃に比べ、今(ラテン系の人たちにありがちの)チョッと太り気味のオバさんになった彼女を見るのは、チョッと寂しいかな。
息子は、高校ラガーマン
俺は旧秋葉系で体育系でもないし、ラグビーのルールも良くわからない。今はこちらで単身赴任と言うこともあって一度も奴の試合を見たことが無い。だけど、先日、シーズンスタートの新人戦で、正月に”花園”(と言えば、この世界では通じるらしいが)に出た東京高校(まあ新チームだけれど)に勝利し、関東大会に進むことになったよう。とりあえず、Good Luck !! (まあ、親バカだけど。)
電車男、秋葉系
ネット上で話題になった時点で友人に紹介されて一度そこで読んだのだけれど、改めて、電車男の本を買って読んだ。ハッピーエンドのラブストーリーファンの俺としては、やっぱり感激。でも「秋葉系」と言う定義があるんだね。こちらは間違いなく30-40年前、その時代それなりの”秋葉系”だった様に思う。「電車男」の中で、PCを作る、作れない、とか言うやりとりが出てくるけど、旧秋葉系からしてみると、「作る」うちに入らないから(「ソケットに差し込む」だけだから)、50っぽ100っぽ。
結婚19年
だけどここに来てもう海外単身が4年弱。仕事自体はそこそこ面白いし、チョクチョク帰っているけど、やっぱり会いたくなるよね、息子に。。いや、そりゃーカミさんでしょう。中途半端に結婚19年だったけれど、カミさんの”可愛い”ネダリが’あったので、「買ってやる」とブランドもんの時計の約束。はっきり言って自分の淡い「見積もり」と、一桁違ったね。でも、まあ「安い」もんだよね。Thanks!!
とりあえず、はじめに
Blogって良くわからないけど、何となく毎日生活の中で、ネタがありそうなので、とりあえずスタート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。