米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
カップ麺のお値段
 先日、ついに呑むもの、喰うものがなくなって近所のコンビニ(サークルK)に駆けつけた。ミラーライト二缶と、。。。 と思って店の中を見回してみると、カップ麺があるではないか。こちらでは普通昼食は軽く、適当に済ます奴が多い(と言う訳で、日本飯を中心にいつも$10前後の昼飯を喰っている日本人駐在員は異常だが)から、これらが昼食に喰われることも多いのだ思う。(そういえば、うちの職場でも食ってる奴いたな)
 と言うわけで、"Instant Lunch"と称するMade in USAのマルチャンのカップ麺は「一つ(で買っても)、35セントなり」、だった。ちなみに近所の乾物を中心に日本食材を扱う(小さな)店で、日本から輸入のカップヌードルの値段を見たら一つ1ドル70セント。まあ、こういうところにビジネスチャンスがあるんだろうね。



スポンサーサイト
米国生活とは関係ないが、都市対抗野球
 NOMOクラブの話題を(こちらでもTV Japanで見ることのできる)NHKのサンデー・スポーツでやっていたが、日本では都市対抗の季節だよね。プロ野球、高校野球に比べてもかなりマイナーなイベントだが、自分が勤める会社が東京ドーム(昔は後楽園)に出場したときには、目一杯の応援に出かけたものだ。”大義名分”により職場を退席して、ちょっとだけ愛社精神を確認しながら真夏の球場で一時を過ごすのも悪くなかったね。今年も、NOMOクラブ同様、一回戦負けだったようだけれど、それはそれ、観たかったな(そして昼間っからビール飲みたかったな)。


「全米50州」へのこだわり事、あと何ができるかな
 余り若くもなく、時間も体力もないので、もう大したことはできないのだが、ふと考えてみた。ナンバー・プレートの写真を50州分撮影すると言うのはどうだろうか。ご存知かとは思うが、米国の場合州によりナンバー・プレートのデザインは色々に違っており、結構眺めてみると楽しいよ。(残念ながら50州を旅した段階ではそのようなことは考えていなかったので、特にこれらの写真は残っていないのだ。)
 これなら州を越えて旅してきた人の車に出会うこともかなりあるはずなので、比較的簡単に完成できるかな?
 と言うわけで、手始めに宿泊していたホテルの駐車場、そして我がアパートの駐車場で集めてみた。幸先良く、13州分が集まった。
 でも、簡単かも知れないが、後半になれば、かなり「偶然を期待するよう」になったりして、それなりにスリルを楽しめるかな。

我が愛車”無印”アコードのアリゾナ・プレート


絵画のある部屋、そしてヤマガタの版画
 おれのアパートの部屋の壁には絵が一枚もかかっていない。至って殺風景なのだが、米国の家屋は(窓が少ない分)「絵をかけてください」と言わんばかりの広い壁が多くあることだ。というわけで、最初の赴任時こちらのアパートに住んでカミさんと思ったのは、「家を建てるときは、できるだけ広い居間と絵を飾れる壁を持とうね」と言うことだった。そして、時はバブル期、二人で好みだったヤマガタのシルクスクリーンも高騰気味で、早速米国の絵画商から購入。「バブルス」と言う、(珍しく横長の)シャレた一枚を”それなり”のお値段で購入。帰国後間もなく立てた我が家はこの「ヤマガタ」が収まるべく設計。バブル崩壊で、今いくらくらいの値がするのかは分からないが、そんな絵画がある空間と言うのは、お金には換えがたいものがあるように思う。
 結局その後もう一点購入することとなったヤマガタを含めた数枚のシルクスクリーンと、先日紹介した「全米Welocome写真」の額が、日本の我が家の壁を飾っているのだ。



航空会社の合併
 US AirwaysとAmerica Westが一つになることになっている。俺はフェニックスに住んでいて旅も多いことから、必然的にそのフェニックス空港をハブにしているAmerica Westの超フリークェント・フライヤーである。サービスの質は今ひとつで、いろいろとフラストレーションもたまる航空会社なのだが、運賃は比較的安いので、まあいつも助かっている。で、今回の合併で運賃体系等にどのような影響があるのかが少し気がかりではあるのだが、とりあえず、新会社のうたい文句が the world’s largest low-fare, full-service airline だから期待しよう。
 ところで、これまでUS Airwaysは(俺がもう一つフリークェント・フライングしている)Unitedとマイレージ・プログラムをシェアしていたが、これらの関係はAmerica West分を含めどうなるのだろうか???

発表された機体のペイントデザイン
USAirWays.jpg

「大陸横断ドライブ」へのこだわり
 20年近く前、カミさんと二人、LAからNewYorkまで5日かけて大陸横断ドライブしたことがある。
 フリーウェイをI10~I40→I44→I70~I90~I80(前半のルートは「ルート66の旅」的?!)と乗り継いで、ジョージ・ワシントン・ブリッジを渡ってニューヨークに入った瞬間はさすがに感激したのを覚えている。
 全行程3000マイル程(5000km弱)の旅だったんだが、それを終えた直後にあるアメリカ人から、「本当はサンフランシスコ-(ロッキー山脈)- ニューヨークでないと”横断”にならない」と言われ、ず~っと引っ掛かっている。
 体力と(お互いへの)寛容が残っていたら、もう一度二人でドライブしてみたいものだ。”横断”にはならないが、歴史的「ルート66」沿いの旅で、シカゴ-LAっちゅうのでも良いかな。


洋楽ではないけれど、五輪真弓の名盤「少女」
 キャロル・キング絡みの話をいくつか書いたが、ふとそこで五輪真弓の名盤「少女」。チョッと前に、TV Japan(中身は主にNHK)の番組に彼女が出ていて「少女」を歌っていた。何か、とても懐かしかったね。で、番組中でも言及されていたが、そのアルバムでは、確か「ピアノ=キャロル・キング」っちゅうクレジットだったよね。なんと言っても「Tapestryの頃」のキャロル・キングだったわけだから、ある意味凄いアルバムだ。そしてそんなこととは別に、この(タイトル)曲とか、(別アルバムだが)「煙草のけむり」とか、とにかく良かった。
 番組では「子育ても終わって。。。。」的なことを語られていたが、まあ時が経つのは早いね。



「全米50州」へのこだわり
 自慢じゃないけど(実は自慢)、全米50全ての州そしてワシントンDCを旅したことがある。間をおきながら結局17~8年掛かったんだけどね
 そして、もう一つ、これら50州への旅の記録(証拠)として、州境にある”Welcome”看板の写真が48枚(そう、もちろん何らかの形で全州境をドライブして)。とりあえずハワイとアラスカは飛び地になっていて、”国境”になってしまうので勝手に対象外とした。
 もう昔のことも多く、それぞれはあまり良く覚えていないのだけれど、何かお役に立てるかも知れないので、keep it in your minds !!<笑
 で、どこが一番良かったかって。。。やっぱり家族の思い出イッパイつまった(当時の)自宅近くのPalos Verdesの美しい海岸線かな。

 額に集合した州境     最後48州目、Wisconsinの「ようこそ」


サンフランシスコ→成田の機内にて
 うつらうつらしながら機内上映のサンドラ・ブロック主演の映画Miss Congeniality 2(の画だけ)を見ていると、チョッとだけれど、Dolly Partonが(相変わらずの巨乳で)出てきたようだった(そうだよね?)。
 そう言えば先日テレビでカントリーミュージックのショーにも出ていたな。(歳をとったせいなのか、とても細身の人だったんだね。昔"9 to 5"とか言う映画を見たときにも気が付かなかった。)
 で、彼女の曲はそれなりに良く聴いたのだけれど、意外とこれと言った「名盤」が選べないんだよね。そう、彼女はコンポーザーとしても良い曲をたくさん残しているよね。(カバーされた曲も多く、ホイットニー・ヒューストンで"Body Guard"のサウンドトラックで大ヒットしたI will always love youなんかは代表的かな。)
 と言うわけで、このベスト盤は気に入っていた/いる。(勿論、我が「歌姫」リンダ・ロンシュタッド、そいてエミルー・ハリスとで作ったアルバム"Trio"はお気に入りの一枚だけれど)
 俺としては、このベスト盤の中の、Here you come again が好きだ。
DollyParton.jpg

お盆に、チョイ、と帰省
 今週は休みをとって俺なりの帰省だ。5月に死んだ親父の新盆であることと、未だ片付いていない相続を処理するのが主な目的だ。海を渡る帰省といっても、荷造りはいつもの出張と同じだし、飛行機に乗って(一眠りして)しまえば、後は成田から電車で小一時間であるから、ラッシュもなく、日本国内で長距離を帰省するのに比べても楽なのではないかと考える。少々フライト代は掛かる(とは言っても、飛行機代なんてものはトリッキーで、特に早めに購入すれば相当に安いものがある)のと、時差があるくらいのものだろう。
 そして何よりも、カミさん、息子と久しぶりに会える大切な時間なのだけれど、息子は正月の「花園」をめざして長野での合宿でほぼ会えないらしい。ある意味「子供でいる」最後の夏かとも思ったが、相変わらず「すれ違い」の父子である。日本でも最近始まったiTunesのメンバーシップ(=クレジットカード番号)でも土産に置いてきてやるか。

 時差対策には「兎に角、寝る」のが一番。頭痛薬のタイルノールから出ている「眠り薬」”PM”、これ効くよ。


元祖 スターバックス一号店でトール・ソイ・ラテ
 シアトルと言えば、マイクロソフト、ボーイング、そしてStarbucksである(マリナーズ、任天堂もあったな)。まだ午後9:00ころまで明るいシアトルであるので、出張の仕事が終わり一息ついたところでスターバックスを探す。スタバ探しはいつものことだが、ここシアトルはさすがお膝元、町中にスタバがあふれていた。そんな中で、(今のスタイルでチェーン化される前の、オリジナルの)一号店に行ってみた。店のロゴ、店内も他の店とはなんとなく違った(グリーンの配色がなかったね)趣だったが、いつも通りのトール・ソイ・ラテを一杯。

 町並みが、それとなく「エスプレッソコーヒーを飲む」風情かな、と感じたシアトルのダウンタウンだった。

Pike Place Marketにある”一号店”


マライア・キャリーのNo.1ヒット
 Mariah CareyのWe belong togetherが数週間No.1となっている(た?)アメリカのヒットチャート。で、先週末のスプリングフィールドまでのチョッとした長距離ドライブ中に、途中の町のFM曲で久々に"Rick Dees Weekly Top 40"を聴くことができたのだが、そこで、お決まりの「エピソード紹介」。このヒットは彼女にとって9年数ヶ月ぶりのNo.1ヒットで、その空白期間で言うと(女性ボーカルの中では)シェール(20数年?)、アレサ・フランクリン、ダイアナ・ロスに続く記録らしい。「そんなに長かったかな?」と言うのが正直なところ。
 いつの間にかHipHopに毒されて(笑)いる俺、今FM局でよく掛かっているリミックスバージョンが気に入っている。



ファーストクラス・キャビンにて思うこと-BLACKBERRY
 先日は幸運にもファーストクラスへのアップグレイドが叶い、若干の遅れはあったものの快適なシカゴ→シアトルのフライトとなった。そこで最近飛行機内(特にこのファーストクラスキャビン)で気になる現象を少し紹介したい。
 おそらく日本では携帯電話がかなりの率で第三世代(3G)化されて、その(基本電話以外の)機能も相当なものになっていると思うのだが、少なくともここアメリカにおける3G化率と言うのはそんなには高くないと思う。で、その代わりと言う訳でもないだろうが、特にファーストクラスに座った客(主に”ビジネスパースン”だが)の間では、カナダにあるRIM(リサーチ・イン・モーション)社の”ブラックベリー”と言う携帯電話付きPDAの普及度が非常に高くなっている。多分平均的に、ファーストクラス着席者の50%近くに使われているように思う。(先日などは横一列4人全員が使っているのを見かけたこともある。それほどの人気だ。最近では青色ボディーの”ブルーベリー”なるモデルも人気だ)
 日本人の感覚からすると、「何でこんなセンスのないPDAが。。。。」と笑われるのかも知れないが、とにかくここではヒットしている。でも、そんなところに文化の違いみたいなものがあるんだろうね。とにかく10キーで母国語をバカバカ記述するようになった日本の文化は改めて凄いと思う。
 という俺も実はブラックベリーのユーザーなのだが、もし日本語がサポートされたら最高だね!!

 そしてもう一つ、Boseのノイズ・キャンセリング・ヘッドフォン、これの機内での普及も凄いね。



リンカーンゆかりの町Springfieldへのドライブ
 先週末はシカゴのホテル泊まりだったのだが、週末に入る前「今週はあまり暑くもなく、快適な週末になる」と言われ、「それじゃあ、チョッとドライブでもするか」と思ったところに同僚が「それならリンカーンの縁の地で、イリノイの州都でもあるスプリング・フィールドあたりが(片道3時間くらいで)丁度良いのでは、」。単純な俺は早速行ってみた。
 リンカーン縁の地(+墓もある)、イリノイのステート・キャピトルであることは、まあどうでも良かったのだが、その同僚に最後に「コーン・ドッグ(日本だとアメリカン・ドッグって言うんだっけ、ソーセージを串刺しにして揚げパンで包んだやつだ)発祥のドライブ・インがあります」、と言われ、はっきり言ってこれが駄目押しになった。
 で、片道200マイルを休みもいれずにドライブした。一通りリンカーン絡みの「名所」を訪ね、「さあ、目的のドライブ・インへ」、と向かってみると、何と「日曜休業」。(今でこそ日曜も開いている店が多いが、「そう」なんだよね。) まあ、マクドナルドに続いて一号店シリーズを狙ったが、”半完成”というところだね。
 とりあえず、店の(その旨書かれた)看板の写真は撮ってきた。

Cozy Dog Drive In, Home of the "famous hot dog on a stick"
Cozy.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。