米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サンフランシスコ→成田の機内にて
 うつらうつらしながら機内上映のサンドラ・ブロック主演の映画Miss Congeniality 2(の画だけ)を見ていると、チョッとだけれど、Dolly Partonが(相変わらずの巨乳で)出てきたようだった(そうだよね?)。
 そう言えば先日テレビでカントリーミュージックのショーにも出ていたな。(歳をとったせいなのか、とても細身の人だったんだね。昔"9 to 5"とか言う映画を見たときにも気が付かなかった。)
 で、彼女の曲はそれなりに良く聴いたのだけれど、意外とこれと言った「名盤」が選べないんだよね。そう、彼女はコンポーザーとしても良い曲をたくさん残しているよね。(カバーされた曲も多く、ホイットニー・ヒューストンで"Body Guard"のサウンドトラックで大ヒットしたI will always love youなんかは代表的かな。)
 と言うわけで、このベスト盤は気に入っていた/いる。(勿論、我が「歌姫」リンダ・ロンシュタッド、そいてエミルー・ハリスとで作ったアルバム"Trio"はお気に入りの一枚だけれど)
 俺としては、このベスト盤の中の、Here you come again が好きだ。
DollyParton.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。