米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Thanks Givingに再びAmtrakの旅 その3
 砂丘状の起伏を所々見ながら海岸線を離れるようになり、San Luis Obispoが近づくころにはすっかり内陸のルートとなる。禿山の間を抜け所々で放し飼いされている牛(徐行中柵を乗り越えて異常に列車に接近してくる奴もいたりして)を眺めながら、半分居眠りしながら、の旅ものんびりしていて良いものだった。という訳で、San Luis Obispoに到着。そういえば昔、息子がこちらの小学校に通っていたころ、ミッション(キリスト教伝道所?)・レポートを書くという(家族ぐるみの)宿題があって、下調べのためにわざわざここにあるミッションにも来たことがあったな。
 とりあえず、これは駅舎の写真。
SanLuisObispo.jpg

 San Luis Obispoを出ると夕暮れが近づき、次の駅Paso Roblesに着くころにはすっかり暗くなりだしていた。そして、その後は、出てきた三日月だけを眺めながらの景色なしの旅。でも、この辺はほぼ(過去に何度も走った)US101号線に近いコース取りだろうから、まあ許そう。そして、今回の旅の俺のこだわりとしてはこの次の停車駅が重要である。
 Salinas(サリーナス)、小説家スタインベック縁の地。ジェームス・ディーン主演の映画「エデンの東」の舞台になった町(駅)だ。(何回か車では行っていたが、列車が入線している“場面”には遭遇したことはなかったので、是非一度は列車にて訪れてみたいと思っていた。そして午後7時頃となり暗くなってしまってはいたが、駅舎と停車した列車の“絵”を眺めて、一人自己満足(これで旅の目的は完遂)<笑
 ちなみにジェームス・ディーンは自分のポルシェでサリーナスのレース場に向かう途中、LAのフリーウェイで事故死したらしい。
Salinas.jpg

 これは念のため、数年前に俺が年末年始の挨拶状用に撮った昼間のサリーナス駅の写真
Salinas1.jpg

 そして夜9時、列車は今回の俺の旅の終着地であるSan Jose(サンノゼ、中国語で“聖荷西”)に到着。 終
SanJose.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。