米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
イーグルスの名盤Their Greatest Hits 1971-1975
 お気に入りクリスマスソングを拾っていて必然的に出てきたイーグルス。そんなイーグルスの俺にとっての名盤を選んでみた。
 Eaglesの名盤と言えば一般には大成功したホテル・カリフォルニアなんだと思うけれど、俺が好きなのはそれ以前に出ているアルバムだ。中でもOne Of These Nightsが好きなのだが、その他初期のアルバムには良い曲が揃っているので、あえて、この初期イーグルスのベストアルバムであるこいつを選んでみた。要は、バーニー・リードンがいて、ジョー・ウォルシュが来る前の”イーグルス”のベスト盤だから支持者は意外と多いのではないかと思う。俺なども典型的にそういう一人だ。そして当時相当売れたLPだと思う。
 ジャクソン・ブラウンとの共作である、ご存知Take It Easyで始まるこの一枚は俺にとっては無駄なくぎっしり詰まった感じの真の「ベスト盤」だ。Take It Easy、タイトル曲を含むOne Of These Nightsからの3曲はもちろん、Linda Ronstadtが匂うWitchy Woman、多分彼らの最初のNo.1ヒットだったと思うBest of My Loveなんかは大のお気に入りだ。
 1976年の武道館公演を聴いてから既に30年以上の月日が経ってしまった(年をとってしまった<笑)。
TheirGraetestHits.jpg

 ところで、蛇足だがYouTubeを眺めていたら、俺にとって意味ある思い出の曲Take It To the Limitを歌うこんなクリップが見つかった。中々のメンバーだよね。やはり、名曲は名曲だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。