米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
普通の日本飯の有難さと、普通でない郵便局のATM
 実は先日、一週間弱の強行な日程で日本に帰っていた。正月に帰ったばかりだから、一ヶ月も経っていなかったわけだが、本八幡の駅前で”普通”に牛丼が喰え、実家近くかつ職場近くの(見た目、やってるのかやってないのか分からないような)ラーメン屋で”普通”に野菜たっぷりのタン麺が喰え、そして何よりも”普通”にカミさんの作ってくれる夕食が喰えた。こんなアリゾナの砂漠の町に長く住んでいると、そんな”普通”の日本飯が喰えることの有難さを痛感した。
 そんな中で実家近くの(民営化後は無くなってしまうのではないかと心配してしまうような)小さな・小さな郵便局で最近感じる”普通”でない事。郵貯のATM(現金自動引出し機)だ。俺の持っているこちらフェニックスの銀行口座(もちろん$建)のATMカードそのままで円が引き出せる。変換レートも良いし、混んでいないし最高。シティーバンクが郵貯と提携していることによる間接的な恩恵なんだけれど、何か凄いことのように感じるのは俺だけかな。。。
4948_A_051006.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。