米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Skype搭載の無線VoIP電話機
 Skypeがインストールされている無線LAN接続するVoIP電話を入手した。
 Netgearから出ているSPH101と言うモデルのものだ。要は、最低線Skypeが動作するハードウェア、ソフトウェア + Wireless LAN(802.11bg)を携帯電話”的”な筐体に詰め込んだようなもの。
 まあ基本的にWireless LAN環境が整ったところであれば(Skypeどうしの無料通話を含め)安価なSkypeによる通話ができると言ったものだ。確かにSkypeを使うと国際電話等では格安な通話ができるので、かなり期待して購入したのだが。。。
 最も落胆したのは、(Webブラウザー機能がないので)有料のHot Spot(例えば、俺が常用しているStarbucksでのT-Mobileのやつとか)でユーザー認証等Webアクセスの必要がある場合には(少なくとも現状は)使用できないようだ。
 という訳で、今回の日本出張でも使えたのは、(Wireless LANがインストールされ、PSPまでが接続されている)実家内と、帰りがけに寄った成田空港内のユナイテッド航空のラウンジ内だけだった。これだけ(認証手続きが必要な)有料Hot Spotが普及しているアメリカでは、チョッと使い勝手が悪すぎて、$200越えの価格ではこのまま普及するとは思えないね。
 まあ、「こんな既存携帯電話ビジネスを脅かす”かも”知れない装置が出てきました」的なところかな。現実的な落としどころとしては、例えばT-Mobileみたいに携帯電話事業とHotSpot事業を手がけているキャリアが、端末的にも両対応な電話機を供給しながら行うビジネス・モデルだろうね。Nokiaからもそんな電話機が出ているみたいだけれど。。。
SkypePhone.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。