米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
久しぶりにカクタス・リーグ
 今週末は日本からの出張の人がいたこともあり、2年ぶりに大リーグ(オープン戦)のCactus Leagueを観てきた。今年日本の報道ではフロリダの様子ばかり伝わっているようだが、アリゾナは大リーグキャンプのもう一つの拠点。
 とりあえず気をきかせてイチロー、城島のいるシアトル マリナーズの試合のチケットをとってあったのだが、やはり普段の行いが悪いんだろうね、今日はイチロー、城島ともに休養日。まあ、それはそれとして、既に夏の様相の日差しの中での野球観戦。
 相手は(と言うより、こちらがホームなのだけれど)オークランド エイズ(A'sと書いた方が良いね)。実はこの球場、Phoenix市民球場には初めて行ったのだけれど、うちのアパートから車で15分程でホントに近くだった。
 試合は9回裏にA'sが追いつき延長へ、ここまでは良かったけど、10回表にシアトルが大量点で緊張が途切れた感じ。
 それにしても、このカクタス・リーグの試合は、大リーグの本ちゃんの試合とは一味違って、球場は小さいし、何かノンビリした(まあアリゾナの何とも抜けるような青い空がそうさせるのかも知れないが)雰囲気で、休日を過ごすにはうってつけ。もちろん、ビール呑みながら、最高!!
 ただ明日の朝はチョッとだけ日焼けした顔が気になるな<笑

AsGame.jpg

スポンサーサイト
Tom Petty & the Heartbreakers 半券
 半券ネタも6~7回目くらいになるかな。
 こんな自己満足追求のブログに、関連のコメントをいただいたこともあり、今回はズバリ1980年4月有楽町読売ホールでのトム・ぺティー & ハート・ブレイカーズ。
 大ヒット・アルバム、Damn the Torpedoesを出し、それからシングルカットされた "Don't Do Me Like That" "Refugee" もヒットした直後の来日だったので、ある意味彼らがピークにいた時の貴重なツアーだったと思う。
 そのわりには、呼び屋さんも音楽舎(?)、会場も読売ホールと、今一つメジャーな扱いではなかったと感じたものだ(何かチケットの印刷も安っぽいよね)。その分、コンパクトで一体感も強く、来ていた観客は大満足のコンサートだったと思う。
 で、俺はどのような状態でいたかと言うと、もちろんこのコンサートに大満足ではあったのだが、当時入社2年目、仕事も忙しくなりつつあったものの、何とか女の子と一緒にコンサートに行きたいと思い薄給のなか毎回必ず2枚ずつチケットを購入し機会を伺っていたのだ<暗 しかしながら、如何せん当時”これ”は未だ受けなかったね<笑
 結局、同期入社の(もちろん”ヤロウ”の)友人と行くことになったわけ。まあ、「今思えば、そんなコンサートに女性と行って、”そっちのけで酔って”いたら嫌われただろうな」、と言うことで帳尻を合わせておこう。


TomPetty.jpg

仕事用宿の近頃のスタンダード
 先週は一週間シカゴにいたのだが半期に一度の大きな会議があり、他の地区のメンバーも含め会社の方で手配してくれた(いつもと違う)ホテルに泊まることになった。
 ところが、いつも定宿にしている奴と「チョッと違う」。何が違うって、それは下記、定宿の看板が全てを語っている。
HotelStd.jpg

空港への無料送迎
無料(無線LAN)インターネット接続
無料朝食
無料エクササイズ・ルーム

そして、一泊税込み$100以下
こんなのが、近頃の”標準”かな。

 ちなみに、この宿では無料で(NHK中心の)日本語放送のTV Japanを観ることもできるのだ!!
マクドナルドのナイス・ガイ、T君
 先回も書いた行きつけのマクドナルドにナイス・ガイの従業員がいる。仮にT君と言うことにしておこう。
 T君は知的障害をもっているようで、突然大きな声も出したりするので、最初は俺もビックリしたり、(今思えば申し訳なく思うが)恐怖心を抱いてもしまった。
 ところが働きぶりは至って生真面目で、いつも店内を丁寧にクリーンアップしてくれているのだが、何と言っても、帰り際にゴミを捨てようとするとスッと寄ってきて(最初はビックリしたが)"Hi,Buddy"と言ってトレイごとゴミ箱に持って言ってくれる。そして、こちらかも至って自然に"Thanks"と返して店をでる。そんな何でもない一瞬なのだが、何かその後の一日(実は彼が出勤しているは昼なので、午後半日)は爽やかな思いで仕事ができる。
 そんな彼だから、多くの馴染み客からも、"Hi,T~~"といつも声を掛けられていて、店でも最も貴重な存在のように見える。と言うわけでただでさえバーガー好きである俺としては、昼飯がBig N'Tastyのセットメニューになることが多いこの頃だ。

TonyMc.jpg

マクドナルドでChristine McVieの歌声→半券(フリートウッド・マック)
 先日の朝、会社に向かう途中いつものマクドナルドで(「スタバより旨い」と評価された)コーヒーを飲みながらBlackberryのNamimaleでメール確認していたら、BGMでクリスティン・マクビーの歌声が流れてきた。
 比較的新しい(、と言ったってもかなり経っているだろうが)曲らしく、どうも曲名まで思い出せなかった(年とった<笑)。
 俺としては、ある意味スティービー・ニックス以上に彼女のボーカルは好きだったんだよね。そんなわけで、久しぶりの「昔のコンサート半券」は1977年(ほぼ30年前)12月のFleetwood Mac武道館公演のもの。超大ヒットアルバムを連発して間もない頃のツアーだったから、凄かったな。
 スティービー・ニックスなんかも、もちろんまだ若く、”妖艶”で。。。、なんか懐かしいね。(チョッと前にYouTubeで、ディキシー・チックスと名曲Landslideを歌うビデオ・クリップを見たけれど、さすが「それなりのお歳」になっていたからね。)

FleetwoodMacBodokan.jpg

一等賞金400億円の夢、Mega Millions
 シカゴの職場の同僚が昼飯時に言うには、「メガ・ミリオンの一等賞金が3億5千万ドルになりましたよ」、とのこと。メガ・ミリオンとは全米の複数の州をまたがって売られているLotto(宝くじ)。ここイリノイ州でも買えるので、明日の抽選に向け、早速10枚(=$10)購入。
 これで一晩何となく豊かな気持ちで眠れると思うと安いもんだ。

MegaMillions.jpg

郵便局、大丈夫かい?!
 先回帰国した後に郵便局の件に触れたが、今回もまた郵便局に寄ってきた。
 実は一昨年死んだ親父が僅かばかりの簡保の養老保険の満期金を残していった。これが後になってみると結構やっかいな契約内容で、「親父が俺に掛けた保険で満期金受取人も親父」になっていた。それでその受取人本人が満期前に逝ってしまったものだから大変。この養老保険を被保険者でもある俺が相続することになったのだが、相続額を算定するために、死亡時の仮定の解約払戻し金をわざわざ算出してもらうのが一苦労。
 そして昨年末満期を向かえ、いざ引き落とそうとすると、これがまた大変。本人確認のためのID(保険の手続きのためには性別の分かる証明書が必要との事)はもちろん、遺産分割協議書まで用意した。で、どうにか近所の郵便局で手続きを完了したのが先回の帰国時。そのとき局員から、「通常2週間弱で、(俺の郵便貯金口座に)振り込まれますから。。。」と言われていたので、3週間ほど経った今回その通帳をもって記帳にいったら、あっさり「記帳内容はありません」とのツレナイ返事。改めて調べてもらうと、「全てが普通じゃないので、あと一ヶ月ほど掛かります」とのこと。だけど2週間でも長いと思ったのに、それが2ヶ月も待たされるようなサービスじゃあ。。。。、真に民営化された時、本当に郵貯・簡保は大丈夫かい?
一足先に我が町は大リーグ・モード
 以前にも書いたが、この時期フェニックス周辺では多くの大リーグチームがキャンプを行う。3月からは本格的にExhibition Game(オープン戦)が行われる。そう、我が町Tempe、それもうちの職場の向かいではLos Angeles Angels (of Anaheim)がキャンプを張っている。すっかり、周りの道路も大リーグ・モードだ。
Angels.jpg


 今年は日本からのお客さんを案内しながら(Angelsの試合ではないけれど)2試合を観戦の予定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。