米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
リトル・フィートの名盤 Waiting for Columbus
 今週は半年次の会議が催されていることもあり現地の従業員と夕飯の機会も多く、話は”懐メロ”に及ぶことも。。。

 Tom Pettyのニュー・アルバムHighway Companionに伴うツアーが今行われており、(今日ここシカゴでのコンサートに行く者もいたりして。。。)俺が昔に東京で行った彼らのコンサートの話をしたりしてで、”同年代”仲間は国籍を越えて一気に盛り上がった。そしてある意味自然の成り行きで、当時「世界のboodo~kan」であった武道館の(俺自信もリアルタイムで遭遇していた)Bob Dylan(ニューアルバムModers Timesが話題になっているからね), Cheap Trickの”ライブ・アルバム”に話は及ぶ。・・・・で結局、その懐メロ/ライブ・アルバム話はLittle Feetの2枚組みライブ・アルバムWaiting for Columbusに行き着き、Willin’の鼻歌合唱となったわけ。

 Disk2の最初の曲。個人的にはBill Payneのピアノが最高!!
WatingForColumbus.jpg

 今度はどっかのKaraokiで歌おうぜ!!(こんな曲はカラオケの中に入っていないかもねLOL。皆、Linda Ronstadt版でもOkayみたいだったけれど。。。下記7曲目)
HeartLikeAWheel.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
半券、お持ちですか! 
Tom Petty と70年代来日ネタ、凄く楽しみにしています。

トムの『HC』、私も当然のように買いました。正直、ここ10年で聴いてきた全てのアルバムで1番、感動しました。キャリア最高のアルバムだと思っています。

ディランのアルバム『MT』も発売日に買いました。日本では、トムと共に8月の発売でした。

この2人で来日しているんですよね。
85、86年くらいでしょうか。国籍を超えた会話、凄く羨ましいです。

音楽は、世界共通ですものね。
2007/03/20(火) 10:34:26 | URL | jerry #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/105-712ba5a0
この記事へのトラックバック
有名どころが沢山集まったワーナー編。ざっとみるとストレートなカントリーよりもウエスト・コーストのシンガー・ソングライターがメイン。ウィルコ、サン・ボルトの新進バンドも半ばプロモーション的にちりばめ、大物ドワイトヨーカムもフィーチャリング。◆カントリー・ロ
2006/09/28(木) 16:14:57 | Dennyの音楽旅日記
フィートフィート(feet:複数形)またはフート(foot:単数形)は、ヤード・ポンド法における長さの物理単位|単位である。約3分の1メートルに相当し、現在は正確に0.3048メートルと定められている。漢字では呎と書く。1フィートは12インチであり、3フィートが1
2007/03/09(金) 05:17:40 | sakurakoの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。