米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Thanks Givingに再びAmtrakの旅 その1
 Thanks Givingの休みは、単身者にとっては鬼門だ。職場は休みで良いが、多くの店、レストランまでも休みになる。
 と言うわけで、アパートに閉じこもっていても仕様がないので、再びAmtrakの旅にでた。今回は、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン州を縦断するCoast Starlight号のカリフォルニアの一部分、LAからSan Joseまでの10時間程の旅だ。
 カリフォルニアは俺にとって(チョッと”くさい”が)第二の故郷、そしてカリフォルニアコーストの美しさは何度かのドライブで分かっていたので、是非、次の列車の旅はこれにしようと思っていた。
 とは言ってもPhoenixに住む我が身にとっては、そう簡単ではない、結局Amtrak区間$66を遥かに上回る出費で、PHX-LA、San Jose-PHXの飛行機を手配した。

 朝5時に起き、7時発のLAX行きで旅のスタート。Thanks Giving当日と言うこともありスチュアードの特別”公演”、DJ風の語りの中で、「悲しみのジェットプレイン」を歌ったりで、結構楽しかった。SouthWest Airlinesの乗務員は結構こういうことをやるけれど、普段無愛想なUS Airwaysとしては上出来。そして一時間程でLAXに到着、過去に長い期間”基地”にして仕事をしていた空港だから、いつ降りても懐かしい思いになる。で、到着したのは良いんだがどうやって駅(Union Station)まで行くか、チョッと躊躇した。もちろんタクシーを使えば簡単だが、$40-50掛かりそうでバカバカしい。念のため案内所で訊くと、Union Station直行のバスがあるとのこと、早速教えられた場所に向かい乗車、客は俺ひとり。これまた懐かしいI105、I110のフリーウェイを乗り継いで20分ほどでUnion Stationに到着、運賃僅か$3で、朝からチョッと得した気分。
FlyAway.jpg

 LAのUnion Stationは、前にも書いたが俺にとっては特別。Bonnie Raittの初期のアルバムのジャケットに写っているこの駅からいつか旅をしたいと思っていた(住んでた時は意外とできなかったんだよね)。
UnionStationOut.jpg UnionStationIn.jpg

 ところで補足だが、Union Stationはオルベラ街(Olvera Street)のすぐ隣にある。Los Angelesの名の由来になった"El Pueble de Nuestra Senora la Reina de Los Angeles de Porciuncula"の碑が建ってるメキシコ(系)人街。日本語では「天使の女王の村」ということらしいから、改めて(映画の)"City of Angels"だね。
Olvera.jpg

 と言うわけで、今回の報告は乗車前で終わり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/123-6ba7d3e9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。