米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
昔のコンサート・チケット その1 イーグルス
 正月に日本にトンボ帰りしていたのは既に書いたが、この時古いスクラップブックを一冊引っ張りだしてきた。スクラップブックといっても、1976-1980頃聴きに言ったコンサートの半券を集めて貼り付けたものだ。まあ、それなりに意味があるかなと思ったので、適当に紹介したいと思う。
 まずは、先日も”名盤”記事の一つで書いたEagles 1976年2月の武道館でのコンサート。先の記事で紹介したベスト・アルバムを残した”前期”メンバーではなくなっていたが、2階席ながら、いたく感激したのを覚えている。実は同じ武道館で、この一ヶ月前にDooby Brothers、一ヵ月後にQueenも聴いているのだが、ともに半券はなくした。
Eagles76Ticket.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
パワー!!
お邪魔致します。
EAGLESは聖荷西さまオススメのCDにも入っている「Take it eazy」が凄く好きです。
ライブに行かれたのですね。当時のウエスト・コーストミュージックは、若者が世界を動かしてやろう!という大きな気持ちをもった時代だったという話を聞きました。
私もイーグルスを聞きながら、当時の若者のパワーに思いを馳せたいと思います。
2007/01/09(火) 00:01:06 | URL | megumi #-[ 編集]
思わぬ楽しみが、
 コメントありがとうございます。
 私自信それほど気張って生きていた思いはないのですが、ただ今思うと懐かしいですね。要は自分自身が何かしら輝いていたんでしょうね。そんな輝いた時代に(決して回顧的でなく)いつでも条件反射的に帰してくれる素晴らしい音楽を聴いていたことは幸運だったと思っています。というわけで、別の意味で輝いている(かも知れない<笑)今の自分を焼き付けるためにも今好きな音楽をひたすら聴くのが好きです。
 そしてそんな”名曲”を通して、こうして世代を隔てた方とお話でき、また当時海を隔てて同じような音楽を聴いていた現職場の”おじさん”たちと鼻歌しながら酒が飲めるのも、大きいですね。
 Take it easy、もちろんお気に入りの一曲です。是非Jackson Browne版もお試しを。。。

 スクラップブックには50枚以上の半券が貼られていました。適当に小出しにしていきますね
2007/01/09(火) 12:24:07 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/139-607dc3dc
この記事へのトラックバック
Desperade、ならず者とか無法者とか訳させたいのだろうか。Deaperate(絶望する)が語源か?イーグルスの曲である。ツインリードギターという珍しい構成グループだった。多分に「きむたく」の番組でかかって再び有名になるのか?このグループは「ホテル・
2007/01/07(日) 10:31:48 | kimera25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。