米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スタバでカーリー・サイモンの「クラシック」アルバム
 久し振りにシカゴで週末を過ごすことになった。と言っても大していつもと変わらない過ごし方をするわけで、土曜の朝は常宿近くのStarbucksに朝飯、メール確認に向かう。
 この店は(売れ残りが多いと言う事もあるのかな?)いつもHear MusicもののCDが多くおいてあって、今回もCarly Simonの”Into White"と言うアルバムが目に飛び込んできた。彼女も俺のレーダー・スクリーンの中にある女性シンガーの一人であるから躊躇なく購入。ジャケット表面に貼ってあった宣伝文句をそのまま引用すれば、14Classic songs, performed by Grammy and Oscar award winner Carly Simon, the voice of generationと言った感じのアルバム。
 要は、Oh! Susanna(Stephen Foster)のような”とても”Classicなものから、タイトル曲Into White(Cat Stevens)やBlackbird(Lennon&McCartney)のような”最近”のClassicなどを適当に混ぜた、”Classic Album”だ。まあ、そこそこ聴けるものであるには違いないが、やはり俺にとってCarly Simonと言えば、多感な10代で聴いた”よ~・そ~・べい~ん”のイメージが強いからね。。。。
 今日も昼飯にマクドナルドに向かうまで車のなかで、ご子息たちと歌う(昔の?旦那)James TaylorのYou Can Close Your Eyesを聴いていた。そして、いざマクドナルドの中に入って注文しようとしたら、丁度BGMでJames Taylor版のYou Got A Friendが流れていた。そんな偶然もあるんだね。
IntoWhite.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/140-d4365ced
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。