米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
さらにスタバで拾ってきたCD、ノラ・ジョーンズ、マデリン・ペルー
 音楽ネタ続きとなってしまうが、改めて、時々スタバでCDを”拾って”いる。まずNorah JonesのNot too Late、まだ通勤途中で少しづつ聴いているだけだけれど、朝それなりに”サラリーマンの憂鬱”を感じている通勤の車中では、”陽”過ぎもせずかつ”陰”になることもなく今のところ程良く一日をスタートさせてくれるCDで、ありがたい。ただNorah Jonesの場合やはりCome Away With Meのインパクトがあまりに大きかったから、その後がやはり大変なんだろうね。
NorahJones.jpg

 まあそんな中で、ある意味似た感じで快く一日をスタートさせてくれているのが、Madeleine Peyroux(マデリン・ペルーと言うのかな?)。このNorah Jones物を入手する前にしばらく、やはりスタバで仕入れた(数年前の)アルバムCareless Loveを聴いていた。最近あまりジャズ(っぽい物)を聴くことはなかったので何かしら新鮮な思いにしてくれる。と言うわけで、昨年出たCDで気になっていたHalf the Perfect Worldも今回一緒に”お気に入り”し、愛車”無印”アコードに乗っている。
 以前に紹介したSarah Mclachlanのクリスマス・アルバムの中にも入っているJoni MitchellのRiverと言う曲が歌われているけれど、チョッと別物で中々良いね!!
Peyroux.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/149-6449b82f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。