米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
旧秋葉系ラジオ少年と天安門
 今週は出張で北京だ。何度か中国には来ているが、現地でアテンドしてもらうこともない一人旅は初めてで、その緊張感も含め勉強になることが多い。出発直前に同僚から、「順番待ちの列はあっても、ないようなものですから気をつけてください」的な忠告を受けたが、非常に役立っている<笑 いずれにしても、良くも悪くも、”豊か”になった日本人が(仕事上のことも含め)失い気味の、アグレッシブさが目に付く。
 そんなわけで、日曜日はサンフランシスコからの便が午後早めに着いたので、外に出てみることにした。とりあえず、「北京と言えば天安門」、と自分なりの思いがあったので、ホテルのロビーで確認するとタクシーで40元弱で行けるとのことだったので、漢字で”天安門”とホテルの名前を書いたメモ紙を一枚もって、ホテル前からタクシーに乗って出発。
 俺の世代で言えば、天安門と言えば文化大革命。ラジオ少年、無線少年、旧秋葉系として十代を過ごした俺としては、短波受信機を(もちろん真空管で<笑)作っていると調整前で感度不十分な状態でも必ず聞こえてきたのが電波の強さが絶大な北京放送の日本語放送、「毛主席~~~、米帝国主義~~~」と言った毛沢東崇拝、反米スローガンが盛んに流れていた。
 そんな俺にとっては特別な天安門、
Tiananmen.jpg

 で、ホテルに帰ろうと思い、タクシーをつかまえようとすると、これが大変。何処にタクシーを待つ(秩序ある)列があるのか良く分からない。改めて、同僚の忠告を思い出す。そう、チンタラしてたら、いつまで経っても乗れないわけね<笑
 無事ホテルに戻り、窓の外を眺めると、どうやら、そこは”オリンピック準備中”のようだった。
Olympic.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/27(火) 21:25:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/167-7e7a3f47
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。