米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
俺にとっての休日のStarbucks
近くのStarbucks(”スタバ”、と言うのか)にいる。土日の朝の多くをここで過ごす。あまり一軒の店に続けて通うのも、ちょっと気になるので、数軒をローテーションしている。
(少しだけ身体に気を使ったフリをしてw、最近は)グランデ・ソイ・ラテを飲み、そしてドーナツをかじる。。。、朝食である。店内に流れる曲は基本的に俺のお気に入りの”アメリカン”ミュージック、今は丁度、懐かしいSteely DanのAjaがかかっている。
そして持ち込んだWiFi付きのラップトップで、HotSpot(T-Mobile社のネットワーク)経由でネットアクセスする。(仕事を含めた)メールの確認、そして最近ではこのBlogの書きこみ。。、とまあ自分の部屋をもう一つ外に持っているような感じだ。

でも、さすが俺の住む町Tempeはアリゾナ州立大の学生街とあって、回りには日曜の朝から勉強してる学生が数人いる、頭が下がる(日本の学生さんは大丈夫かい?)。

チョッと思いついたので追記、
Starbucksではレジ付近に(Starbucksオリジナルなんだろうね)Artist's Choice(特定の歌手に好みの曲をピックしてもらい、それらを一枚のCDにまとめたもの)なるCDが並ぶんですよ。
今もJoni Mitchelのものが並んでいて、ついつい買いそうになってしまう(危)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんちは、穂影です。
ジョニ・ミチェル、キャロル・キングとかの話題うれしい。レコード大量処分してしまって
CDとか買ってあったかなと思って捜したけどダメ。(ジョニ・ミッチェルもダメだった。)
青っぽいジャケットで猫が写っていたと思うけど。CD買いに行こう。
これらの曲、3歳年上の兄貴の趣味なんですよね。私、便乗で小遣い節約していた。
自分で買っていたのは、サイモンとガーファンクル、カーペンターズ。
でも兄貴のコレクションの方が心に残っている。
クロスビーアンドナッシュなんてのもあったしジャニスイアンも。
この間、NHKの英語教育番組でボブ・ディランの「風に吹かれて」を教材に取り上げていました。

私は日本のミュージシャンでは矢井田瞳さんが好きなんだけど
不思議と自分の歳の割りに無理してという気はしない。宇多田さんもそう。
椎名林檎さんも好きだし、矢野顕子さんとか、
クリエィティブな感じの人には、常に一目おいているつもり。

唐突だけど、昔家にあった「朝日のあたる家」というシングルを思い出した。
なんか、凄く私にとって「胸キュン」だなぁ。
親父のコレクションの「アカシアの雨がやむとき」もあった。組み合わせがシュール。

旧秋葉原系というと、ラジオ会館で部品なんか物色するタイプなんですかね。
レコード、オーディオ、マニアってことはないのかな。
今、秋葉原はPC、家電の街でもなくなりつつあるようですね。
美少女アニメキャラの世界、萌とか言うのかな、ご存知ですか?

とりとめなく、長々と失礼しました。また遊びにこさせてください。
2005/03/18(金) 23:38:14 | URL | 穂影 #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます。
私の場合もLPを多く買えるえるようになったのは大学に入ってからですから、(歳の割りに)それほど古いものを多く持っているわけではありません。ただ、本人そのものがチョッと”古い”のでw
親の家には(彼らが無断で処理していない限りは、)まだ、5-600枚のLPが眠っているかと思います。カビたり、反ったりしてるだろうな、きっと。
まあ、自宅にある分も含めこれら30cmLPをどうやって聴く(そしてDigital化する)か、と言う課題はあるのですが。。。。(フル・マニュアルのDENONのターン・テーブル、自作のイコライザー・アンプ、。。。今でも動くかな?)
手に入るものはCDで買い直すとか、それこそ、iTunesでApple Storeから買った方が良いかも知れませんね。そして、(大きめの)ジャケットを眺めながら聴く。。。老後の楽しみですねw

私が勝手に(少し狭義に)定義した旧秋葉系、そうですね、東京ラジオデパート、万世橋のラジオガーデン、。。。その他多くのジャンク屋等を含め、週末とかになると部品探しでウロウロしていた人たち。(立川の米軍基地近くにあるアメ・ジャンの店にも良く行きました。)
ただ、これら部品を集めてきて自分で機器を作る人たちの中に、私が思うに大きく2種類のタイプがあったように思います。チョッとだけサッパリとした感じ(に見えた)のオーディオ派と、むさ苦しい(アマチュア)無線派ですね。私は、オーディオ機器も一部作りましたが、勿論筋金入りの後者でしたw
で、たまに一時帰国したときにもなるべくブラっとしてみるのですが、ここまでパソコン関連や、それこそあの当時では信じられないようなものが並ぶ店が多くなった中で、真空管(オーディオ用のものならまだ分かるが、無線用のものまで並んでいたりする、どうやって使うんだ?)を含めまだ昔と同じような部品を売る店があるのが、また秋葉のすごいところですね。
2005/03/19(土) 18:30:40 | URL | 聖荷西 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ronstadt.blog4.fc2.com/tb.php/25-be016ee2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。