米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
5年前のPCでお仕事
 いつも仕事で使っているラップトップが壊れた(電源が入らない)。(修理の間)仕方が無いので、5年ほど前に日本で購入した東芝のダイナブックを引っ張り出した。
 セラロンの333MHz(今とは一桁違うね)、128MB RAM、6GB HDDと今々の”標準”からすると何とも寂しいスペックである。でもWindows2000は載っているし、基本的なアプリケーションも走っている。
 で、今「これで仕事はできないの?」と言われると答えにつまる。まあ俺みたいに、グループウェアが使えて、オフィスがつかえて、インターネット・ブラウジングができれば良いおっさんユーザーにとっては、「ほとんど支障がない」、と言うのが偽らざるところだ。
 で、「そんなものなんだな」とつくづく思う。要するに(主に自分自身が)あんまり進歩してるわけではないのだと、思う。 もう一つ、自らもその開発に大きく関与したネットワーク用のPCカードを久しぶりに使ってみて、そんな時代もあったな、と”しみじみ”している、ああ爺くせー。
 ちなみに俺の出会った最初の(自作の6800)コンピュータはメモリー容量が512(KでもMでもない)バイトだったよ。

 と言うわけで、トラックバック先の管理人さんの「MAC miniゲット」絡みの記事は妙に新鮮。俺も買いたくなった。

 数年ぶりに現役復帰で、輝いているダイナブック
Dynabook.jpg

今の俺を”作った”真空管
815と呼ばれる真空管である。今の俺を”作った”記念すべき真空管である。35年の昔、立川の米軍基地近くのジャンク屋で仕入れたもの。1945年製造のRCAのマークが輝いている。

815.jpg

Windows Media Center PC その後
 とりあえず、順調に動くようになった。TV番組の予約録画等も含め、まあまあ期待していたことができるようで、我が家のDigital Home化は、一歩前進といった感じ。(リモコンもそれなりに”家電”らしく。。。)
 だけど、チョッと(解決法はあるのかとも思うのだけれど、)気になる点が二つ;
①iTunesで買った曲(*.m4pファイル)をMedia Centerからは認識できない(意図的にそうなのかな?)
②TVチューナはSVHSおよび通常のコンポジット入力付きのHauppauge WinTV PVRなのだけれど、どうもMedia Centerからはチューナー⇒(SVHS等)外部入力への切り替えができないよう。

 てな、具合。まあ、$500+ であることを念頭に、あまり多くを期待せずに付き合っていかないと、とは思っているのだが。。。
音楽の嗜好形成過程
 トラックバックさせていただいた”管理人”さんの日記に鑑みるに、どうやら十代のすごし方で音楽の嗜好も随分変わるものだと実感した。俺は、先日書いたとおり、十代をアマチュア無線で台無しにしている<笑
 ”そういった”世界は平行して存在するのは十分理解しながら、ある意味劣等感を秘め、「(あれらは軟派で、)俺は硬派に生きるぞ」→「無線(機自作)への異常なまでの執着」、という、これまた別の意味での病魔におかされていたように思う。(酒、煙草よりも遥かに”麻薬”的で危ないものだったと思う)
 そのようなわけで、俺の音楽の嗜好は、”その後”に形成された。「暗い」十代を背負い、コンプレックスを抱えていたので、(これまた不自然な形なのだが)「明るく、爽やかな」アメリカントップ40(これについては、過去記事参照のこと)に走る。

 というわけで俺がつい聴きたくなるものを、ブリティッシュ・ロックが多く並ぶ”管理人”さんのリストと対比させ、あえて”明るく”アメリカンロック(ポップ)中心に;(アルバム名で失礼)

Dooby Brothers (Stampede)
Eagles (One of these nights)
Boston (Boston)
Little Feet (Waiting for Columbus)
Fleetwood Mac (Fleetwood Mac)
Kiss (Alive)
Boz Scaggs (Silk Degrees)
Stevie Wonder (Songs in the Key of Life)
Jackson Browne (Pretenders)
Bonnie Raitt (Sweet Forgiveness)
Linda Ronstadt (Hasten Down the Wind)
そして定番、Carole King (Tapestry)

追記
確かに、忘れてた。(コメント、ありがとうございます)
Aerosmith (Toys in the Attic) 追加と言うことで。。。
ところでSteven Tyler様は今日(3/26)誕生日で57歳らしい。がんばってるね。

そう言えば、Grand FunkとかChicagoとかも忘れてたな、でもきりがないから。。。
アマチュア無線も厳しいね
 あまり米生活とは関係ないが。。。
 十代の頃そして大学時代、ハム(アマチュア無線)に狂っていた。(おそらく、内輪だけで)「ハムこそキング・オブ・ホビー」ということも言われ、それなりに、ツッパっ(って死語か?)て生きていた。
 で、俺の母校(大学)の無線研究会というのも伝統ある”立派”なサークルだったのだけれど、部員消滅の危機の中でつい最近、「解散会」を持つにいたった。1960年代入学の諸先輩方、退官後もいろいろと面倒をみてくださったかっての顧問の先生も含め、盛大かつ寂しい解散会になったらしい。残念ながら、遠く海外にいる俺は参加することができなかったのだけれど。。。

 (特に自作した無線機で)無線で遠くの知らない人と話すことに、何となくロマンと優越観を感じていた時代からすれば、今は国民の半分以上が”無線機”を持っている時代なんだから、仕方がないね。そして、うちの物置には俺が中学生の時、高校生の時に真空管で作った無線機が、それぞれその時のままに眠っている。(もちろん”真空管”の中には空気が入り、もはや「真空」管では無くなっていると思うが。。)
 でも、少なくとも現在、そのエレクトロニクス技術を中心に我が日本が先進国の仲間でいられる背景には、そんな「ラジオ少年」たちのそれぞれのプロジェクトXがたくさんあったんじゃないかな。
Windows Media Center PC 我が家に
 発注から二週間あまり、やっと我がアパートに到着。
 とりあえず今日はあまり時間もないので、簡単に初期設定。やはり安いだけあって、”自作”PC体験者でないと、ちょっと面食らうかも。。
 あとは、不安だった日本語環境設定を確かめる。う~ん、要するに普通のXPなんだね、付属の(Windows)CDを使って”東アジア”オプションをインストール、無事日本語環境を確認。良かった~、これで我が家のメインマシンにできそう。
 それにしても、$500+にしては上出来だと思う。”(TV用)リモコン”、TV/FMチューナー、SVHS入出力、DVDライターとかも付いてて、何やら面白そう。まあ仕事も忙しいから、細かな動作確認は週末のお楽しみだね。

 ちなみに、このエントリーには早速そのPCを使ったよ。
P3250001.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。