米国単身生活Blog by 聖荷西
米国単身生活で思うこと、独り言、役に立たない経験談、などお話したく。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
U2(思い出)の名盤、The Joshua Tree
 洋楽と言ってもアメリカのものを聞くことがほとんどの俺だが、大切にしてあるU2のアルバムがある。アメリカでも大成功したThe Joshua Treeだ。なぜ大切なのかと言えば、20年近く前にロサンゼルス郊外の病院で産声をあげた長男の生まれた週に全米(ビルボード)No.1だったアルバムだ。もちろん素晴らしいアルバムだと思う。
 LP盤と併せその週のビルボード誌も保管してあるのだけれど、でもこう言った”大事なもの”って自己満足的な面が大きくて、カミさんなり息子本人には大したこだわりはないんだろうね。それは何となく自分の親父が死んだ時に分かった。お袋と妹と相談して、親父が大事に暖めていた”骨董品”類を随分処理させてもらった(親父、申し訳ない)。
U2.jpg

ブルース・スプリングスティーンの名盤Born To Run
 先日、やはり”お気に入りクリスマスソング”を拾っている最中にふと思い出した名盤がこれ!!
Bruce Springsteenがメジャー中のメジャーになる転機となったアルバム(まあ、これがベストだったような気もするけれど)。内容をどうこう述べる必要はないと思うが凄いアルバムだと思う。特にタイトル曲は重厚で一番のお気に入り。笑いながらサックスのクラレンス・クレモンスに寄りかかる姿のモノクロ写真のジャケットも最高。
BornToRun.jpg

 そう言えば後年、Frankie Goes To HollywoodというグループがBorn To Runのカバーをしていたけれど、あのバージョンも良かった。20年以上も前のことだけれど、ちょうどLA地区に住んでいたので、Greek Theatreにこのグループを聴きに行ったのを思い出した。
イーグルスの名盤Their Greatest Hits 1971-1975
 お気に入りクリスマスソングを拾っていて必然的に出てきたイーグルス。そんなイーグルスの俺にとっての名盤を選んでみた。
 Eaglesの名盤と言えば一般には大成功したホテル・カリフォルニアなんだと思うけれど、俺が好きなのはそれ以前に出ているアルバムだ。中でもOne Of These Nightsが好きなのだが、その他初期のアルバムには良い曲が揃っているので、あえて、この初期イーグルスのベストアルバムであるこいつを選んでみた。要は、バーニー・リードンがいて、ジョー・ウォルシュが来る前の”イーグルス”のベスト盤だから支持者は意外と多いのではないかと思う。俺なども典型的にそういう一人だ。そして当時相当売れたLPだと思う。
 ジャクソン・ブラウンとの共作である、ご存知Take It Easyで始まるこの一枚は俺にとっては無駄なくぎっしり詰まった感じの真の「ベスト盤」だ。Take It Easy、タイトル曲を含むOne Of These Nightsからの3曲はもちろん、Linda Ronstadtが匂うWitchy Woman、多分彼らの最初のNo.1ヒットだったと思うBest of My Loveなんかは大のお気に入りだ。
 1976年の武道館公演を聴いてから既に30年以上の月日が経ってしまった(年をとってしまった<笑)。
TheirGraetestHits.jpg

 ところで、蛇足だがYouTubeを眺めていたら、俺にとって意味ある思い出の曲Take It To the Limitを歌うこんなクリップが見つかった。中々のメンバーだよね。やはり、名曲は名曲だ。
クリスマス・アルバムの名盤Once Upon a Christmas
 ANA Hotelのサイトでこんなキャンペーン
クリスマスブログ2006トラックバックキャンペーン
をやっていたので、クリスマスソング ネタの続きで、俺の思い出のクリスマスソング(アルバム)を選んでみた。
 20年以上前、アメリカのヒットチャートでは未だカントリーウェスタン的な曲がナショナルチャートの上位に来ることも多く、ケニー・ロジャース、ドリー・パートンなどは代表格だったと思う。そんな二人がTVスペシャルのドラマに合わせて出したカントリー版クリスマス・アルバムがこれ
OnceUponAChristmas.jpg


 で、ANA Hotelのサイト↑の”お題”に答えるとすれば、E:その他「オレの私のオススメソング」で、その”お題”(「思い出の。。。」)どおり6曲目、A Christmas to Rememberだろうな。米国赴任最初の冬、20代後半になっても結婚のあてもなく(笑)一人寂しく見たTVスペシャルに感激し、アメリカにおけるクリスマス(ホリデー)シーズンの素晴らしさの僅かだけでも感じ取ることができたように思ったことを今も覚えている。たしか人気が高く次の年にも再放送されたようにも覚えている。今も日本の自宅のどこかに当時録画したVHSテープが残っているはずなのだが。。。
 ところで、前にも書いたDolly Partonはソングライターとしても有能な人だよね。The Bodyguardの主題歌でホイットニー・ヒューストンが歌った、I Will Always Love You なんかは本当に「曲が良かった」んだと思う。
お気に入りクリスマスソング
 こちらアメリカはThanksgivingが終わると一気にクリスマスに向け突き進む感じだ。景気の大きな指標ともなるブラック・フライデーと呼ばれるThanksgiving翌日のクリスマスプレゼント品の全国的な安売り日も含め、世の中全体がクリスマスモードになる。
 そんな中で、この前紹介したサラ・マクラクランのクリスマスアルバムに触発されたこともあり、俺のお気に入りクリスマスソング ベスト10をYouTubeを中心に探ってみた。

Please come home for Christmas 本当はEaglesのが欲しかったんだけれど Bon Jovi
Last Christmas  Wham
Do they know it's Christmas?  Band Aid
Santa Claus Is Coming To Town  Bruce Springsteen
All I Want For Christmas Is You  Mariah Carey
Winter Wonderland (2曲目) Eurythmics
I Saw Mommy Kissing Santa Claus  John Mellencamp
Silent Night  Stevie Nicks
Have Yourself a merry little christmas Christina Aguilera
そしてこれを加えた10曲にしよう。
O Little Town Of Bethlehem (最初の曲) Sara McLachlan

皆、中々良いよね!!

20061202122703.jpg

サラ・マクラクランのクリスマスCDを、スタバにて
 すっかり俺のCD入手源にもなっているスターバックスにてSarah McLachlanのクリスマス・アルバム"Wintersong"を発見、そして迷わず購入。
 そう、ニコラス・ケイジ、メグ・ライアンが出てた映画"City of Angels"のサウンドトラックで彼女が歌う”Angel”は(映画のシーンが蘇ってくるし、)大のお気に入り。
 そしてこのアルバムも、期待通り”素晴らしい”。宣伝文句にもなっているけれど、”クリスマス・アルバムのもう一つの「定番」”になるのは(少なくとも俺にとっては)間違いなし。
Amazonのページにビデオクリップがあった。これ見たら、欲しくなると思うよ。

SarahM.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。